コンタクトレンズの危険性 - レーシックで視力回復しよう

コンタクトレンズの危険性

コンタクトレンズは眼鏡に比べてお洒落に手軽に使用できる
視力矯正方法といえます。

ところが、最初はお手入れをマメに行っている方も
長年使用しているうちになれてしまい、
雑になっていくケースがしばしばあります。

また、最近ではカラーコンタクトの流行から
正しい知識を持たないままカラコンを使用して目障害を起こす事も
問題となっています。

アンケートによりますと、一年間に約150万件ものコンタクトレンズによる眼障害が起こっていると推測されるとのこと。
これはコンタクトレンズ使用者の10人に1人の割合で眼障害が発症しているということになります。

このような方は要注意!

  • 正しい使用法を理解せずに使用し続けている

  • 定期検診をうけていない
  • 寝るときも外さず装用している
  • コンタクトレンズに傷や少し破損した状態でも装用している
  • 十分な洗浄をしていない



レンズの性能以上に長時間(期間)連続装用してしまうということはとても危険なこと。
特に酸素の透過性がハードと比べて少ないソフトコンタクト。
酸素が不足すると角膜内皮細胞が死滅してしまいます。
一旦死滅してしまうとその細胞は復活できません。つまり減る一方ということです。

酔って帰った後、面倒だからとそのまま寝てしまった経験はありませんか?

とても危険な事だと再認識して下さい。

また、カラーコンタクトレンズはソフトコンタクトより更に酸素の透過性が低いので要注意です。

ハードコンタクトなら安心というわけではなく、やはり長時間(期間)の連続装用は負担も大きいですし、またきちんと洗浄していない場合は感染症の危険性が出てきます。

コンタクトレンズによる眼障害

眼障害の内訳は「アレルギー性結膜炎」が1番多く、次いで角膜表面に細かい傷がつく「点状表層角膜症」、角膜上皮がはがれる「角膜上皮びらん」などです。
こうした角膜の傷は、早期にケアしないと、傷部分より細菌が侵入し、角膜潰瘍を引き起こし失明する可能性もあります。

タグキーワード
2008-03-11 11:43 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

レーシックとイントラレーシック

当サイトでは、レーシックとイントラレーシックの手術を受けようとご検討の方に、 参考していただきたいレーシックの最新情報をお届けしております。

レーシックの手術を受けようとする人の多くは、深刻な視覚障害者ではなく、メガネやコンタクトを使えば、日常生活に支障をきたさない程度の視力がある人です。
レーシックの手術にもランクがあり、より高精度な手術を行なう事で、裸眼の視力が顕著に回復する場合が多く、コンタクトレンズの煩わしさから開放される利点があります。

レーシックの手術は、裸眼での視力回復が目的ですから、コンタクトやメガネをかけている人向きですが、最強度近眼など角膜異常のある人は、角膜が薄くなっているため適しません。
レーシック手術を行なっても効果がないと診断される場合には、手術すると却って視力が落ちてしまう場合もあります。

事前検査によって、ご自分の目の状態はどのタイプのレーシック手術があっているのか、調べる事でそのような不安も取り除かれます。
気になるクリニックを探してお問い合わせをすると宜しいかと存じます。

まずは資料請求から

ネット予約のできるクリニック

品川近視クリニック
レーシック症例数日本一の実績。
診療科目:レーシック,スーパーイントラレーシック。

SBC新宿近視クリニック
加藤夏希さんもイントラレーシックで視力回復!
診療科目:レーシック,イントラレーシック,アイレーシックなど。

加藤眼科レーシックセンター加藤眼科レーシックセンター
実績ある眼科専門医による安心のレーシック
診療科目:レーシック,PTK,PRK

まずは資料請求から

全国のレーシック眼科クリニック検索
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © レーシックで視力回復しよう All Rights Reserved.
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。