オルソケラトロジーの安全性について - レーシックで視力回復しよう

オルソケラトロジーの安全性について

オルソケラトロジーはアメリカでは30年以上の実績があり、米国食品医薬品局(FDA)の認可を受けております。120万人以上がオルソケラトロジーの治療を受けているといわれています。

オルソケラトロジーの治療は外科的な手術ではないため、オルソケーレンズの装用をやめれば元の状態に戻すことができます。
米国、FDAの「夜間装用」の認可が下りているオルソケーレンズを使用して治療しているクリニックを選ぶとよいでしょう。

日本では、長期の安全性などが確認されていないということで、厚生労働省の認可がおりていないため、自由診療になります。
オルソケラトロジーのについて

特殊なコンタクトレンズによる近視の矯正方法です。
通常コンタクトレンズは日中生活している時に装着して寝るときにはずしますが、
オルソケーレンズはこれと逆に、夜寝るときにオルソケーレンズを装着して朝起きたときにはずします。

これは、どういうことかといいますと、やわらかい角膜をオルソケーレンズで圧迫することで角膜の形状を正常なカーブにするのです。
その時間は使用を続けていくうちに長くなり、安定してきます。
個人差ががありますが、2,3日に1一度使用するだけで、日中裸眼で生活しているという方もいらっしゃいます。

オルソケラトロジー実施クリニック
2007-12-10 17:12 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

レーシックとイントラレーシック

当サイトでは、レーシックとイントラレーシックの手術を受けようとご検討の方に、 参考していただきたいレーシックの最新情報をお届けしております。

レーシックの手術を受けようとする人の多くは、深刻な視覚障害者ではなく、メガネやコンタクトを使えば、日常生活に支障をきたさない程度の視力がある人です。
レーシックの手術にもランクがあり、より高精度な手術を行なう事で、裸眼の視力が顕著に回復する場合が多く、コンタクトレンズの煩わしさから開放される利点があります。

レーシックの手術は、裸眼での視力回復が目的ですから、コンタクトやメガネをかけている人向きですが、最強度近眼など角膜異常のある人は、角膜が薄くなっているため適しません。
レーシック手術を行なっても効果がないと診断される場合には、手術すると却って視力が落ちてしまう場合もあります。

事前検査によって、ご自分の目の状態はどのタイプのレーシック手術があっているのか、調べる事でそのような不安も取り除かれます。
気になるクリニックを探してお問い合わせをすると宜しいかと存じます。

まずは資料請求から

ネット予約のできるクリニック

品川近視クリニック
レーシック症例数日本一の実績。
診療科目:レーシック,スーパーイントラレーシック。

SBC新宿近視クリニック
加藤夏希さんもイントラレーシックで視力回復!
診療科目:レーシック,イントラレーシック,アイレーシックなど。

加藤眼科レーシックセンター加藤眼科レーシックセンター
実績ある眼科専門医による安心のレーシック
診療科目:レーシック,PTK,PRK

まずは資料請求から

全国のレーシック眼科クリニック検索
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © レーシックで視力回復しよう All Rights Reserved.
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。