ドライアイについて - レーシックで視力回復しよう

ドライアイについて

パソコンを長時間見続けて、ドライアイにお困りの方は多いと思います。

そんな事を言っている、管理人もドライアイに悩んでいる一人です。

パソコンのモニターを見ていると、まばたきが極端に減るので、目から水分の蒸発量が増加し、目の表面は結果的に乾いてしまいます。
また、ストレスから緊張状態が続くと、自律神経が交感神経に勝ってしまうことで、
涙の分泌量自体も少なくなっています。このような環境に長時間いることで、ドライアイを悪化させるといわれています。

ドライアイの症状


  • 光が眩しい

  • 冷房や暖房で目がつらい

  • 風や煙が目にしみる

  • 読書やテレビが長時間続かない、つらい。

  • 雨の日は比較的楽


このような症状にお心あたりのある方は、ドライアイの可能性が高いです。
軽症の場合刺激があると、涙は出ます。
重症のドライアイになりますと、涙を作る腺組織も壊れてしまう
シェーグレン症候群と呼ばれる病気があります。
これは、目だけでなく、口や鼻も乾いてしまいます。


ドライアイの治療

現時点で、ドライアイの根本的な治療法はまだありません。
このため、軽症のドライアイでしたら人工涙液の点眼を行います。
市販の目薬を頻回に使用しているのを見かけますが、ドライアイの方は防腐剤抜きの点眼薬を使う方が良いと思います。
目の周囲を温める温熱療法によって、油の分泌を促すというのも効果的です。



タグキーワード
2007-12-10 01:54 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

レーシックとイントラレーシック

当サイトでは、レーシックとイントラレーシックの手術を受けようとご検討の方に、 参考していただきたいレーシックの最新情報をお届けしております。

レーシックの手術を受けようとする人の多くは、深刻な視覚障害者ではなく、メガネやコンタクトを使えば、日常生活に支障をきたさない程度の視力がある人です。
レーシックの手術にもランクがあり、より高精度な手術を行なう事で、裸眼の視力が顕著に回復する場合が多く、コンタクトレンズの煩わしさから開放される利点があります。

レーシックの手術は、裸眼での視力回復が目的ですから、コンタクトやメガネをかけている人向きですが、最強度近眼など角膜異常のある人は、角膜が薄くなっているため適しません。
レーシック手術を行なっても効果がないと診断される場合には、手術すると却って視力が落ちてしまう場合もあります。

事前検査によって、ご自分の目の状態はどのタイプのレーシック手術があっているのか、調べる事でそのような不安も取り除かれます。
気になるクリニックを探してお問い合わせをすると宜しいかと存じます。

まずは資料請求から

ネット予約のできるクリニック

品川近視クリニック
レーシック症例数日本一の実績。
診療科目:レーシック,スーパーイントラレーシック。

SBC新宿近視クリニック
加藤夏希さんもイントラレーシックで視力回復!
診療科目:レーシック,イントラレーシック,アイレーシックなど。

加藤眼科レーシックセンター加藤眼科レーシックセンター
実績ある眼科専門医による安心のレーシック
診療科目:レーシック,PTK,PRK

まずは資料請求から

全国のレーシック眼科クリニック検索
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © レーシックで視力回復しよう All Rights Reserved.
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。