レーシック(LASIK) - レーシックで視力回復しよう

レーシック(LASIK)

レーシックとは、眼科の外科治療に新たな展開をもたらした最先端医療です。外科治療特有のリスクはあるにしても、今まで治療が不可能とされた眼病患者に、治療の道を開いた事は賞賛すべき事です。今後レーシックに使われる機器の進歩によって、安全性や治療効果も高められて行くと思われますが、レーシック治療の正しい理解が普及のカギを握ります。

近視・遠視・乱視は屈折異常という病気です。
これまではメガネやコンタクトレンズで矯正する以外に方法がありませんでしたが、現在はレーザーの発達によって屈折異常を治せるようになりました。
レーシックの原理は、メガネやコンタクトレンズと同じように光の屈折率を変えて網膜に焦点が結ぶようにする方法ですが、レーシックは角膜の形状を修正することによって、裸眼視力そのものを回復させる治療です。
レーシック (LASIK) はマイクロケラトームで作る従来のレーシック手術の事を言います。
最近流行のイントラレーシック はイントラレーザーでフラップを作る最新のレーシック手術です。

屈折矯正手術には、メリットだけではなくリスクをともないます。この手術の効果を過度に期待することなく、手術にともなう問題を十分に理解した上で、ご自身で判断して手術を受けてください。
屈折矯正手術は、現在に至るまで数多くの症例が報告され、屈折矯正の術式と効果が確立されつつあります。一方、屈折矯正手術には特有の問題点があり、副作用や合併症の問題も指摘されています。また、どのような手術においても完璧な手術というものはありません。
タグキーワード
2007-12-15 17:51 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

レーシックとイントラレーシック

当サイトでは、レーシックとイントラレーシックの手術を受けようとご検討の方に、 参考していただきたいレーシックの最新情報をお届けしております。

レーシックの手術を受けようとする人の多くは、深刻な視覚障害者ではなく、メガネやコンタクトを使えば、日常生活に支障をきたさない程度の視力がある人です。
レーシックの手術にもランクがあり、より高精度な手術を行なう事で、裸眼の視力が顕著に回復する場合が多く、コンタクトレンズの煩わしさから開放される利点があります。

レーシックの手術は、裸眼での視力回復が目的ですから、コンタクトやメガネをかけている人向きですが、最強度近眼など角膜異常のある人は、角膜が薄くなっているため適しません。
レーシック手術を行なっても効果がないと診断される場合には、手術すると却って視力が落ちてしまう場合もあります。

事前検査によって、ご自分の目の状態はどのタイプのレーシック手術があっているのか、調べる事でそのような不安も取り除かれます。
気になるクリニックを探してお問い合わせをすると宜しいかと存じます。

まずは資料請求から

ネット予約のできるクリニック

品川近視クリニック
レーシック症例数日本一の実績。
診療科目:レーシック,スーパーイントラレーシック。

SBC新宿近視クリニック
加藤夏希さんもイントラレーシックで視力回復!
診療科目:レーシック,イントラレーシック,アイレーシックなど。

加藤眼科レーシックセンター加藤眼科レーシックセンター
実績ある眼科専門医による安心のレーシック
診療科目:レーシック,PTK,PRK

まずは資料請求から

全国のレーシック眼科クリニック検索
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © レーシックで視力回復しよう All Rights Reserved.
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。